天ぷらを上手に揚げられますか??
ホーム > 天ぷらを上手に揚げられますか??

天ぷらを上手に揚げられますか??

2021年01月18日(月)2:54 PM

皆さんこんにちは! 🙂 





突然ですが

天ぷらを上手に揚げるのって難しくないですか? 😛 





好きな具材を揚げて食べたいけど

上手く揚げる事ができないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか 😎 





今日はそんな方向けに

天ぷらを上手に揚げるコツ

上手に温め直すコツについてお話ししたいと思います。

良かったら読んでみて下さい 😉 





上手に揚げるコツと上手に温め直すコツについて

すでに詳しい方は改めて確認するつもりで読んでいただければ

新たな発見があるかもしれませんよ 😳 





まずは上手に揚げるコツからみていきましょう。



揚げるコツ①

食材を洗った後はしっかりと食材の水分をとる。





どんな食材であっても余分な水分は大敵なんですが

特に注意したいのがキノコ類です。

できればキノコ類は洗ったりせず

キッチンペーパーなどで汚れを拭き取る方が良いです 😀





洗うと水気を吸って食感が悪くなり

旨味成分が逃げてしまいます。

食材に下味をつけてから揚げる方もいるかもしれませんが

醤油などの水分が原因で衣がカリッとしなくなる為

下味をつける際は十分に注意しましょう 😀





揚げるコツ②

衣を正しく作る





カリッと衣が揚がらない原因は

衣の作り方かもしれません。

衣を作る時は冷水を使って

あまり混ぜすぎないようにするのがコツです 😆





小麦粉ではなく薄力粉を使い

冷水を入れで混ぜた方が良いです 😕 





売られている天ぷら粉には予め卵が含まれていますが

小麦粉や薄力粉を使用する場合にはを加えた方が味わいがでます。





また、卵の代わりにマヨネーズを入れてもサクサクに揚がります。

理由は、マヨネーズに含まれた脂分により温度が上がりやすく

水分量が少ないからです 💡 





揚げるコツ③

油の温度に注意!






油の温度も重要なポイントです。

衣を油に落とす事で大体の油の温度を知る事ができます。





衣が鍋の底まで沈んでゆっくり上がってくる場合は

150度から160度くらいの低温です。





衣が鍋の途中まで沈んで浮き上がってくる場合は

170度から180度くらいの中温です。





衣がすぐに浮き上がってくる場合は

190度から200度くらいの高温です。





ジャガイモなどはでんぷんを多く含んでいて

火が通るまでに時間がかかるので

低温からゆっくりと揚げます 😕 





シソなど色を重視する場合も

低温で揚げると良いです。





野菜を素揚げしたり

かき揚げを作る時は中温にしましょう 😉 





やエビなどの魚介類

長い時間揚げてしまうと固くなるので

高温で短い時間で作ると美味しく出来上がります 🙄 





油から出すタイミングや揚げ時間は

食材の厚さなどで変わってくる場合もありますので

あくまでも参考程度にして下さい 😥 





食材を入れすぎてしまうと

油の温度が急に下がってしまいカリッとした衣になりません。

そのため、食材を入れすぎないようにした方が良いです 😎 





様々な食材で作る予定の場合は

低温で揚げる食材を先に入れて

その後に高温で揚げる食材を入れましょう。





油ができるだけ汚れないように

野菜、魚介、肉の順番で揚げる事をおすすめします 😉 





熱が全体に伝わるように専用の鍋か深めのフライパンを使い

油が減ったらその都度、油を足すと良いです。





ガスコンロで温度調整ができる場合は

鍋の温度をキープできるのでカリッと揚がりやすいです 😕 





揚げるコツ④

キッチンペーパーの使い方






完成した天ぷらを

直接キッチンペーパーなどにのせているかもしれませんが

重なってしまうとサクサク感がなくなってしまう可能性が高いです 😀 





そうならないためにも

重ならないようにバットに立てて並べると良いです。

キッチンペーパーはバットの下に敷くのがおすすめです 😯 





〇温め直すコツ

・電子レンジとトースターを使う





電子レンジで30秒から1分ほど温めてから

トースターで2分ほど焼く事でカリッとした仕上がりになります。





電子レンジだけではカリッとならないで

手間がかかりますがトースターも使いましょう 😉 





・魚焼きグリルを使う





魚焼きグリルを使うと

余分な水分を飛ばしてカリッとなるように焼いてくれます。

魚焼きグリルであればほとんどのご家庭にありますし

電子レンジとトースターを使う手間がないので手軽です。

でもお掃除が・・・(笑)





・フライパンを使う





ひっくり返したりする手間はありますが

表面がサクサクに仕上がります。

焦げやすいためテフロン加工されているフライパンを使うと良いです 😳 





・水で洗って揚げ直す





天ぷらをそのまま洗ったら

キッチンペーパーで水気をふき取ります。

しっかりと水分をふき取ったら160度くらいで揚げ直すと良いです。





・水の代わりに炭酸水を入れる





衣を作る時に水の代わりに炭酸水を入れる事で

揚げた時に水分が蒸発しやすくサクサクな天ぷらが作れます 🙂 





〇まとめ

今回は天ぷらをサクサクに揚げるコツ

上手に温め直すコツについてお話ししました。





サクサクに天ぷらを揚げたいけど

上手く揚げる事ができないと悩んでいる方にとって

少しでも参考なると嬉しいです 😉 





何も考えずに作る事は簡単ですが

上手に揚げれるようになるためには練習も必要です 😀 

上手にできる方法をしっかりと学び

何度も練習する事で上手に揚げれるようになりますので

今回の内容を参考にしていただき

今日からでもチャレンジしてみて下さい。





最後までお読みいただきありがとうございました! 😀 



«   |  

対応エリア

過去の記事

LINEでもお問い合わせ受付中!
以下のQRコードを読み込んで友達追加が出来ます。

▶詳しい流れはこちら

スマホサイトはこちら

家事代行ファミリーサポート
スマホ・携帯サイト